« デタッチ | メイン | LightWave9 »

2006年08月08日

ヤンガリーヤンガリー

バテ気味。
土曜日は先週の疲れをとるために寝て、日曜日は今週のために寝た。
おかげでF1ハンガリーGPは予選決勝とも途中で寝ることも無く、全部見れやした。
ピット戦略中心のつまらないレースかと思ったら、ペナルティやら雨やらのおかげでおもしろかった。

予選のシューマッハのタイムアタックが凄いと思った。
一人だけ1分18秒台。
決勝で残り3週でスローダウンしてピットに帰っていく姿が切なかった。
決勝のアロンソも凄かった。
マスダンパーって雨天でも挙動が安定しやすいんだろうか?
スリップとか横揺れには、あまり関係無さそうだけど。
ライコネンは逆境に強いが調子よく進むといきなり不運に見舞われる気がする。
フィジケラはいつのまにか消えていた。
左近はいきなり消えていた。
裏で浜ちゃんに殴られたに違いない。
琢磨は途中まで調子良かったのに、気づいたらビリだった。
クラッチやギアボックスやらのトラブルだそうで。
SA06はガラスの靴ですか。
でも完走したしSA05よりカッコいいのでOKだ。

そしてバトンはいつのまにやらトップに立って、ピットワークもきっちりこなして見事優勝。
正直、表彰台で君が代流れるまで、HondaRacingF1が日本のチームだって事を忘れてましたけど。
なんとなくイギリスのチームだと思ってたふしがありやす。
次はシューマッハとアロンソとライコネンがリタイアしてないレースで優勝して欲しい。

投稿者 Suya : 2006年08月08日 00:17

コメント

コメントしてください




保存しますか?